車の必要性が高くなる事例

看護師で車の免許を持っている方は、どのくらいいるのだろうか。車の必要性は、看護師それぞれのライフスタイルによって異なるだろう。車がなくては困る事例として、まず挙げられるのが田舎暮らしである。田舎の場合、電車の本数が少なかったり電車が通っていなかったりするため、車での移動が必要な所が多く出勤にも困る。田舎で年を取っても車を運転している人がたくさん見られるのは、移動手段に車しか使えないからだ。田舎は買い出しに行くにしてもスーパーが少なく遠く離れていることも多く、そうした場合も車がなくては不便である。田舎では、仕事だけではなく、通学など普段の生活の中で車を使う人が目立つ。

また、車が必要になってくるのは、小さな子供がいる看護師ママである。子供を連れて買い物に出かける場合に、電車では荷物を持って帰るのも大変だ。ベビーカーを押したり子供の手をつないだり、時には抱っこもしなければならない。車であれば多くの買い物をしても荷物を積むことができるだろう。また子供を連れて出かける際に、子供のおむつやおもちゃや着替えなども持参しなければならない。車なら子供の荷物もたくさん持って行けるのだ。子供が急な熱を出した場合なども、車であれば病院に連れて行きやすいというメリットもある。看護師として育児をするママにとって、車があることは非常に助かるのだ。

そのほかにも、足腰が不自由である場合にも車が必要になってくる。駅まで歩くこと、電車の乗り換えなど、不自由な体では過酷である。車なら足腰が悪くとも用のある場所まで行きやすいものだ。介護の必要な家族がいる場合にも、車の必要性は高くなるだろう。