看護師にとってもあれば便利な運転免許

看護師として病院などに勤務していて、勤務先が電車や自転車で通勤できる範囲内であれば運転免許は必要ないと思っている方は少なくないのかもしれない。しかし勤務先が必ずしも電車で通える範囲の距離にあるとは限らず、中には駅に着いてからも時間がかかる病院もある。例えば将来、転職を検討した際、電車で通勤できるような病院を希望条件の優先項目にしてしまうと、転職先の選択肢は限定されやすくなる。もし、働きたい病院が見つかっても駅から遠い場合は、運転免許を持っていないという事で渋々あきらめてしまう可能性も出てくるだろう。

また、転職の予定はないと思っていても、結婚などを契機に自宅が駅から遠くなったり、車がないと日常生活に困るような地域へ嫁ぐ可能性が出てくるかもしれない。また転職して訪問看護などの仕事をする事になれば、患者さんの自宅まで車で移動する事が多くなるので、運転免許の必要性は高くなる。今は特に必要ないと思っていても、なるべく早めに運転免許を取得しておいた方が将来的には安心と言える。

一方、一般的に運転免許を取得するには教習所に通う必要があるが、教習所には指定校と届出校がある。看護師として働きながら運転免許の取得を目指す場合は、指定校の方が比較的容易に取得できると言える。指定校は本試験の際、試験場へ行く必要があるが、それ以外は教習所で受けられるというメリットがある。さらにシフト勤務が多い看護師の場合は毎回予約の方が効率が良く、曜日固定の日勤の人なら全予約の設定が可能なコースが良いのかもしれない。